口コミとランキングで比較!
デイトレード入門。デイトレードの鉄則とは?
デイトレード徹底解説
前回大好評を博した勝率8割を誇るdaytraderさんの「デイトレード入門講座」第2弾!
今年の株式市場、daytraderはこう読む
トレード手法を解説する前に・・・
デイトレードの鉄則
デイトレードと仕事(家事)の両立
株式投資初心者の方へ
 デイトレードの鉄則(インタビュアー:編集部 あさこ)
あさこ それでは、いよいよdaytraderさんのデイトレード手法について詳しくお聞きしていきたいと思います。
まずはトレードの基本から、次にdaytraderさんのデイトレード手法を教えていただけますか?できるだけ初心者にもわかりやすくお願いします。
daytrader わかりました。
まずデイトレードの基本ですが、以前入門講座(デイトレードを徹底解説1・第3回)でも説明しましたが、自分のトレードスタンスを確立しておくことが大切です。具体的には、
  .肇譟璽匹垢詭段舛料定
買いのルール
M益確定のルール
ぅ蹈好ットのルール
  この4つをしっかりと決めましょう。
ルールを決めずにトレードするということは、例えるなら素人が総合格闘技のリングに上がるようなものです。株式市場には、証券会社のディーラーや機関投資家といったプロの投資家の他にも株式市場で勝負しようと思っているたくさんの個人投資家がいます。その人たちと勝負していくことになるわけですから自分流の勝ちパターンを見つけなければとても生き残ることはできません。
あさこ なるほど・・・。なんだかすごく大変そうですね。
daytrader もちろん大変です。楽してお金を儲けようと思ってもそうはいかないのが現実です(笑)。
ただ、自分の勝ちパターンを作ることができれば、株の資産運用で成功する確率はグッと高くなります。
あさこ わかりました。それでは次に実際にdaytraderさんがどのようなルールで取引されているのかを教えていただけますか。
daytrader まず、トレードする銘柄の選定ですが、ある程度の出来高と一日の値動きに幅がある銘柄を選んでいます。
出来高が薄すぎると、買ったはいいが売れないということが起きますし、値動きに幅がないとデイトレードでは利益が出ません。
そして、その中から更に自分のトレードルールに適した銘柄を選んでいます。具体的には、最近私は寄り付きで買って10時前後に売るというトレードを実践しているので、このトレード手法を実践した時に勝率が高い銘柄がトレード対象になります。
  つまり私のトレード手法をトレードの基本に対応させると、
.肇譟璽匹垢詭段舛料定→出来高、値動きの幅、トレード手法に対するマッチング度
買いのルール
→相場の寄り付きに購入
M益確定のルール
→10時前後に売却
ぅ蹈好ットのルール
→10時前後に売却
  ということになります。基本的にはこれで全てです。昨年説明した投資手法より更にシンプルになっています。
あさこ それだけですか・・・?他に何か決まりごとみたいなものはないのでしょうか?
daytrader もちろん、これ以外にも細かいルールは必要です。例えばこの投資手法では寄り付きで仕込むかどうかの判断がとても重要なポイントになります。
私の場合、昨晩のNY市場、最近の日経平均の動き、早朝の為替相場の動向、関連銘柄の寄り付き前の注文状況等を見て対象銘柄に投資するかどうかを判断するようにしています。
基本的には迷うような時は投資を避け、勝てると思った時だけ投資するようにしています。
  繰り返しになりますが、大切なのはまず基本となるルール決めです。そして、そのルールを補う決まりごとを決めることができれば、かなり勝率上げることができると思います。
あさこ なるほど。よくわかりました。
では次回はデイトレードと仕事を両立する秘訣についてお伺いしたいと思います。
<< 第2回 第4回 >>
 
デイトレーダー
▲daytraderさん
4ヶ月で2倍以上にした資産をその後8ヶ月で更に数倍に。社長業の傍ら、空いた時間でデイトレードを実践中。更に昨年からは外国為替取引もスタート。こちらもかなりの腕前とか。
▼daytraderさんの人気ブログ
「デイトレーダー兼社長の生活」
http://daytrader.ameblo.jp/
インタビュアー
クチコミランキング編集部あさこ
得意分野はマネー・お得。効率的に賢く資産運用をしたいと考えている30代前半・独身。株式投資は初心者レベルで、デイトレードは未経験。
デイトレード編集後記
今回は「デイトレードの鉄則」と題した、デイトレードのルール決めの大切さと、daytraderさんのトレード手法についてのお話でした。
次回はデイトレードと仕事を両立する秘訣をお聞きします。
デイトレード証券会社
デイトレード証券会社
頻繁に取引を繰り返すデイトレーダーにとって、 売買手数料は重要な要素の一つです。また、その一方でいち早く相場の情報を掴む投資情報ツールも生命線です。有名なトレーダーの多くは取引用と投資情報ツールを使い分けています。まずは自分にとって使いやすい証券会社を見つける事が大切ですね。 デイトレーダー
ジョインベスト証券 野村證券が設立したオンライン専業証券会社。現物、信用共に業界最低水準の取引手数料を実現している。また、初心者にも使いやすいトレード画面は秀逸。
コスモ証券 定額手数料を実現している数少ない証券会社。10,500円で月50回、21,000円で月100回まで取引可能。ライブドア証券を避けたければココが有力な選択肢。
丸三証券 口座開設から2ヶ月間は回数無制限で全ての取引手数料が無料!まだ口座を開設したことがない人は利用しない手はない。私は既に利用済みです。
松井証券 投資情報ツールが充実。私もネットストックトレーダー・プレミアムを愛用しています。オススメです。
イートレード
証券
ネット証券最大手。しかも通常取引の取引手数料は最低レベル。IPO(新規公開株)の取り扱い実績が豊富な点も魅力。予備口座として開設。
daytraderさん監修
  「デイトレード向け証券会社ランキング」
デイトレード初心者向け本
本を読んだから勝てるという訳でもありませんが、勝率を上げるためには最低限の知識を身につけておくべきです。私はスタートする前にたくさんの本を読みましたがその中でもオススメなのがこの3冊です。この3冊を読めば基礎は十分だと思います。 デイトレーダー
バーンスタインのデイトレード実践
数多くの分析手法や成功するために不可欠な損失リスクに対する考え方が書かれています。チョット値段は高めですがその価値はあります。
デイトレード―マーケットで勝ち続けるための発想術
株式市場で勝てるようになるためにはどういう心構えが必要なのかを実際のケーススタディをもとに学ぶことができます。デイトレードは心理戦ですから精神論は技術論と同じくらい大切です。
テクニカル分析入門―株の売り時、買い時を知る
元フィスコのアナリストでチャート分析の第一人者、田中勝博さんが執筆したチャート分析の入門書です。チャート分析の基本はもちろん、相場で儲けるための心理コントロールについても書かれて非常に参考になります。株式初心者にお薦めの一冊です。
Homeクチコミランキングとは?お問い合わせリンクビジネスサービススタッフ募集プライバシーポリシー免責事項サイトマップ
Copyright(c) 口コミならクチコミランキング編集部 2016  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。