口コミとランキングで比較!
デイトレード入門口座。デイトレード向きの証券会社とは?
デイトレード徹底解説
勝率8割以上!デイトレード開始後わずか4ヶ月で資産を倍にしたdaytraderさんにお話を伺いました!
デイトレードについて教えて!
デイトレードを始める前に
初心者向けデイトレード入門
初心者向けデイトレード入門
まとめ
 デイトレードを始める前に (インタビュアー:編集部 あさこ)
あさこ 今日はデイトレードスタート前の準備というテーマでお話していただければと思います。よろしくお願いします。
daytrader よろしくお願いします。
あさこ 前回のインタビューから1週間が立ちましたが、何か反響はありましたか?
daytrader 友人からはもっと具体的なトレード方法を説明して欲しいといわれました。今回はもう少し具体的なお話ができればと思っています。
あさこ そうですね。具体的なトレード方法についてはこれからお伺いするとして、最近のトレードの状況はいかがですか?
daytrader とりあえずインタビュー後も好調をキープしています。最近は本業が多忙で、あまりトレードできない分、いつもにも増して単銘柄に集中し取引しているのがいいのかもしれません。
あさこ 読者からいただいた質問にもあったんですが、daytraderさんはあまり回数を取引されないとお聞きしました。普通はデイトレードって一日に何十回も取引するのではないでしょうか?
daytrader うーん・・・。一般的にはそういうデイトレーダーの方が多いかも知れませんね。実際に株之助さん迷える子羊さんといった有名なデイトレーダーの方にもそういった手法を用いられる方が多いですね。
  私があまり取引しないのはそれ程の腕がないし臆病だからです。
たくさんの銘柄の値動きを追えるほど器用ではないんです。例えば複数の株に分散投資して一気にそれらが暴落したら、どうしてもいくつかの銘柄はロスカットが遅れてしまう。そういうのが怖いんです。
  本当にチャンス!と思った銘柄がない場合はトレードしない日もあります。パチンコに例えれば「新装オープン」する店舗がある日にしか取引しないという感じです。
あさこ なるほど、それなら慎重派の私にも向いてるかもしれません。そのトレード手法にとても興味があるんですが、その前に今日のテーマ『デイトレードを始める前の準備』について教えてください。
daytrader はい。当たり前ですがまずは、証券会社に口座を開設しなくてはいけません。
デイトレーダーが証券会社に求めるものは手数料の安さとトレードシステムの安定性、投資情報ツールの使いやすさだと思います。そういった観点から自分にあった証券会社を選ぶと良いと思います。
あさこ デイトレーダーさんが現在利用しているオススメの証券会社はどこでしょうか?
daytrader 私が口座を開設している証券会社は、野村證券・イートレード証券・松井証券・楽天証券・カブドットコム証券・マネックス証券・コスモ証券・ジョインベスト証券ですね。あと先日、丸三証券の口座開設資料を請求しました。
  その中で実際にトレードに使用している証券会社は、松井証券楽天証券です。
あさこ なぜそんなにたくさんの証券会社に口座を開設されているんですか?また、その中から松井証券と楽天証券を使用している理由は何でしょう?
daytrader 複数の口座を開設している理由は、使いやすい証券会社を研究するためです。性格が凝り性なんですね。やるからにはやっぱり自分に適した環境でトレードしたいですからね。
あと野村證券以外は口座管理料も無料ですから、いくつ口座を開設しても損はしません。これもたくさん口座開設している理由ですね。少しでも良い環境でトレードしたいと思う人は、いくつかの証券会社に口座を開設し、実際に比較してみたほうが良いと思います。
  その中から松井証券と楽天証券を選んだ理由ですが、楽天証券は取引手数料の安さが最大の魅力です。また、トレードツール「マーケットスピード」の利便性の高さも大きな魅力ですね。松井証券は有料の投資情報ツールの快適さが理由ですね。株価の値動きは松井のツールでチェックしています。
あさこ なるほど潤オ。それは初心者にもオススメでしょうか?
daytrader そうですね。手数料とトレードツールで選ぶなら楽天証券はオススメです。
あと、丸三証券では2ヶ月間手数料が無料になるキャンペーンをやっているのでまずは丸三証券から始めてみるのもいいかもしれません。私も2ヶ月手数料無料が目当てで口座開設資料を請求しましたから。
  あとお薦めできるのはやっぱりSBI証券ですね。通常取引手数料は業界最安水準ですし、信用取引の手数料が上限472円というのは大きな金額で勝負する投資家にとってかなりメリットがあります。投資情報ツールも使いやすいと思います。
  また、有料の投資情報ツールを利用したい方には松井証券がオススメですね。楽天の『マーケットスピード』の評価も高いですが、私は松井証券のほうが使いやすいですね。
あさこ ありがとうございます。その他にデイトレードを始める前に必要なことはありますか?
daytrader デイトレードで成功するための最も重要な要素は実践だと思います。ただし、株式投資に関する最低限の知識を身に付けているというのが前提です。株式投資とは何なのか、リスクとリターンの関係、投資の自己責任なんかもきちんと認識しておく必要があります。
あとデイトレードにチャレンジするのであれば、最低限1潤オ2冊はデイトレード関連の本も読んだ方が良いと思います。(daytraderさんオススメの本は下記参照)
  どんな事にでも言える事ですが、中途半端な気持ちで取り組むと火傷してしまいます。しっかり準備をした上で臨みましょう!デイトレードは、まだまだ挑戦している方も少ないので、早目に取り組んでおいたほうがリターンも大きくなると思いますよ。
<< 第1回 第3回 >>
 
デイトレーダー
▲daytraderさん
数年前、国内大手IT企業を退職後、起業。一昨年11月から、社長業の傍らデイトレード(株式短期売買)を行っている。300万円を4ヶ月間で2倍以上にした実績の持ち主。
▼daytraderさんの人気ブログ
「デイトレーダー兼社長の生活」
http://daytrader.ameblo.jp/
インタビュアー
クチコミランキング編集部あさこ
得意分野はマネー・お得。効率的に賢く資産運用をしたいと考えている30代前半・独身。株式投資は初心者レベルで、デイトレードは未経験。

今回は「デイトレードを始める前に」というテーマでお話を伺いました。
次回はいよいよ、実際にデイトレードする上での注意事項や手法等についてお話しいただく予定です。
デイトレード証券会社
デイトレード証券会社
頻繁に取引を繰り返すデイトレーダーにとって、 売買手数料は重要な要素の一つです。また、その一方でいち早く相場の情報を掴む投資情報ツールも生命線です。有名なトレーダーの多くは取引用と投資情報ツールを使い分けています。まずは自分にとって使いやすい証券会社を見つける事が大切ですね。 デイトレーダー
ジョインベスト証券 野村證券が設立したオンライン専業証券会社。現物、信用共に業界最低水準の取引手数料を実現している。また、初心者にも使いやすいトレード画面は秀逸。
岩井コスモ証券 定額手数料を実現している数少ない証券会社。10,000円(税抜)で月50回、20,000円(税抜)で月100回まで取引可能。
丸三証券 口座開設から2ヶ月間は回数無制限で全ての取引手数料が無料!まだ口座を開設したことがない人は利用しない手はない。私は既に利用済みです。
松井証券 投資情報ツールが充実。私もネットストックトレーダー・プレミアムを愛用しています。オススメです。
イートレード
証券
ネット証券最大手。しかも通常取引の取引手数料は最低レベル。IPO(新規公開株)の取り扱い実績が豊富な点も魅力。予備口座として開設。
daytraderさん監修
  「デイトレード向け証券会社ランキング」
デイトレード初心者向け本
本を読んだから勝てるという訳でもありませんが、勝率を上げるためには最低限の知識を身につけておくべきです。私はスタートする前にたくさんの本を読みましたがその中でもオススメなのがこの3冊です。この3冊を読めば基礎は十分だと思います。 デイトレーダー
バーンスタインのデイトレード実践
数多くの分析手法や成功するために不可欠な損失リスクに対する考え方が書かれています。チョット値段は高めですがその価値はあります。
デイトレード―マーケットで勝ち続けるための発想術
株式市場で勝てるようになるためにはどういう心構えが必要なのかを実際のケーススタディをもとに学ぶことができます。デイトレードは心理戦ですから精神論は技術論と同じくらい大切です。
投資の王道
テクニカル分析の基本についてわかりやすく書かれています。何事もすべては基本から。今読みなおしても勉強になる点が多いです。テクニカル初心者にオススメの一冊。
Homeクチコミランキングとは?お問い合わせリンクビジネスサービススタッフ募集プライバシーポリシー免責事項サイトマップ
Copyright(c) 口コミならクチコミランキング編集部 2016  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。